〇令和4年度法務担当者養成基礎研修のお知らせ

 近時、地方においても、大企業・中小企業の区別なく、コンプライアンス・法的リスク管理等の法務部門の重要性が高まってきています。

 本研修は、地域組織(企業、医療法人等)の法務担当者を対象とし、特に対応需要の高い、契約・労務管理・ハラスメント対応を中心に、近時の法改正を踏まえ、ケーススタディー(事例検討)を交えることで、業務上必要となる知識と考え方、実務感覚を体系的かつ実践的に学ぶことを目的とします(「法務を担当することになったら、まず、岡大の研修へ」)。講師は、企業、医療機関等に所属する組織内弁護士が主として担当します。

 岡山大学法科大学院は、今後とも、地域に人材を輩出するとともに、地域の法的ニーズに対応した継続教育を実施し、地域貢献に務めていきます。

➣詳細につきましては、下記PDFをご覧ください。

ダウンロード
令和4年度法務担当者養成基礎研修ポスター.pdf
PDFファイル 682.1 KB